calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

スポンサードリンク

categories

archives

ギブアンドテイクで生きる まずはキブから始めよう

0
    スポンサードリンク

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    ビジネスライクな生き方というイメージがある言葉である。

    なにかやるにしても、見返りを期待して行きていくというクールさが漂う。

     

      

     

    さらに無償の行為やボランティアなど見向きもしない様にも感じられる。

     

    しかし、give and takeの意味は公平にやりとりする、互いに譲り合う、意見を交換すると言うことである。

     

    悪い言葉ではない。

     

     

    人と人との付き合い方で、無償の行為が美しい場合がある。

    災難にあった人を助けるとか、困っている人を応援する場合など、
    見返り無しで活動すべきである。

    そのとおりだと思う。

    しかし、人間というのは時として身勝手で、してやったんだとか恩着せがましい恨みごとを言ったりもする。

    これは良くない。

    無償の行為を口にする人の駄目なところである。

    そこでそんな奴にならない為にgive and takeの生き方をお勧めする。

     

     

    言葉通り、まずは与えよう。

    そしてテイクだが、与えた方の喜びや、与えたことで、その人が生き延びていく姿を見たり、幸福になろうとする感情を貰っていると解釈しよう。

    かっこよく言えば、「笑顔」をテイクしたものである。


    結婚サイトで登録女性や男性のコメントで感じたことがある。

    「私を幸せにしてくれる人を望みます」っていう文章が多いことに気づく。

     

    ちょっとまってくれ。

     

    まずは貴方をシアワセにしますって奴が「愛」だろう。

    これじゃ、愛のある結婚はできそうにもないと感じた。

     

     

    まずは与えよう。

     

    その見返りは「笑顔」だ。

     

    Amazon スポンサードリンク

    移民の国、日本という現実 ベトナム人がナンバーワン

    0

      JUGEMテーマ:ニュース

       

      日本人が思っている日本と、数字などで見る日本とでは大きく違っている場合がある。

      昔から言われていた、インターネットの普及率は、1位が韓国で日本は11位である。

      ネットでいつも話題になる韓国だが、教育面に関しても高順位だ。
      成人の識字率99%、中等教育の総就学率97.20%、大学や専門学校への進学率は98.38%とアジア圏で飛びぬけている。

      「あれっ日本は韓国より下なの」そう憤慨するあなた。現実はそーなんですよ。


      もう一つ話題になっているのが、移民のことである。

       

      すでに「移民大国」世界4位の日本
      http://www.ootapaper.com/entry/2018/03/25/210853

       

      人数が大きく増えたのはベトナム人でその後は2位中国人、3位ネパール人という事だ。

       

      日本に事実上の移民が年間40万人流入しているのが現実である。日本人はこの現実に対応できるだろうか。

       

       

      政府はもっと外国人を入れようとしている。

      それはいいと思うのだが、日本の法整備が未熟な点と、日本人の心の準備がまったくないのが気にかかる。

       

      先日、実に感動的な映画を見た。

      「タイタンズを忘れない」である。

      『タイタンズを忘れない』(原題:Remember The Titans)は、実話を元にした2000年のアメリカ映画。デンゼル・ワシントンがコーチのハーマン・ブーン役として主演している。
      アメリカ国内で人種間の緊張が最も高かった時代、ヴァージニア州アレクサンドリアの州立高校で黒人と白人の混成フットボールチームが設立され、州のチャンピオンシップで勝利したことを元にした実話の映画である。

       

       

      この映画は、日大のアメフト部に是非見てほしい作品だ。

       

      そして、日本が移民の国になってしまった時、人種の差別にどう対処するのか考えさせられた。

       

      アメリカのように、あれほどひどいことにはならないと思うが、今の日本人の韓国、中国嫌いの現状を思えば、憂鬱になってくる。

       

      まずは言葉の壁だ。

       

      この壁が低くなれば、日本人の心も軟化するような気がする。

       

      日本人がアジア諸国の言葉の覚えるのは無理だろう。なので、日本語学校の充実を期待する。

       

      日本語を話せるベトナム人となら、友達になれる気がするのだ。

       

      なにせ日本は、言霊の国だからである。


       


      車のギアのバックはなぜ「R」

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        車を駐車する時、ギアを「R」に入れた。

         

        あれっ、なぜバックなのに「R」なんだろうと疑問に思う。

         

        こんな時はググればすぐわかる。

         

        車のギアの「R」は、「リバース(Reverse)」の略だとすぐわかった。バックではなくて逆回転なんだなと符が落ちる。

         

        これは、使う人間がつけた記号ではなく、車を作った人間の発想だ。

         

        エレベーターのボタンの「R」はROOF(屋根や屋上の意)の略だそうで、これはエレベーターを使う人間が名付けた記号だとわかる。

         

         

        カメラマンの会話で「R アール」といえば、背景につける曲線の事をいう。

         

        車好きの人間がR1などと言えば、国道のルートの事で国道1号線の事。

         

        映画好きの人間がR18といえば、このRは《restricted》の略で映画鑑賞の年齢制限を表す記号となる。

         

        なるほど

         

        状況や使う人間次第で「R」の記号は、全く違う意味を持っている。

         

         

        「アールは色んな意味があるので、意味がわからないアルヨ」

         

        わかった。こいつは中国人だ。


        白色ナンバープレートの軽自動車

        0

          JUGEMテーマ:ニュース

           

          なんと現在使っている軽自動車のプレートを、白いナンバープレートに交換できるのだ。

           

          ただし有料で、交付料金は7000円程(地域によって違う)

           

          図柄ナンバー申込サービス
          2019年にラグビーワールドカップ2019、2020年に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。これを記念しまして、ラグビーナンバープレート(以降ラグビーナンバー)、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(以降東京2020大会特別プレート)が発行されます。
          https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

           

           

          近くの駐車場でこの車を見た時びっくり。

           

          しかし、軽に乗っている人は白ナンバーに対して心の何処かに差別を感じている人も多いはず。

           

          その差別感を打ち払う事ができるかも。

           


          英語教育は子どもたちにいらない

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            こんな事を書くと、大反論を受けそうだが、これは武田邦彦教授の受け売りである。

             

            ゴミの分別と英語教育
            http://takedanet.com/archives/1066342556.html

             

             


            あー、あの先生の話かと思われる人も多いと思うが、聞いてみれば理解できる部分もある。

             

            一時、帰国子女やバイリンガルといった英語が話せる人が脚光を浴びたが、現在では企業もあまり話題にしなくなった。

            それは、英語が喋れても話の内容が普通だったら、あまり戦力にならないとわかったからである。

             

            世間から求められているのは、専門的な知識があり、なおかつ有能で、日本語もしっかりしていて、なおかつ英語が話せると言った、スーパーマンのような人たちである。

             

            現実にはそんな人は、そう簡単にはいないとわかったので、みんな黙り込んでしまったのだ。

             

             


            今日本に一番必要なものは、学生たちの技術力であり、理科系の能力だと思う。

             

            英語と科学の2つができれば素晴らしいのだが、理科系の能力のある子に、あまり得意ではない英語力を強要するのはあまり得策ではないということだろう。

             

            現在、英語授業時間3年間で270時間だそうで、世界から比べると少ないという。

             

            だけど、日本は技術立国である。日本がこれから発展していくには、英語ができるより、技術力が高くなくてはやっていけないのも事実だ。


            そこで一つの解決策を考えた。

             

            英語が苦手な理系の学生たちには英語を免除して、科学に没頭してもらう。そして、スマホで使えるスーパー自動翻訳機を開発してもらう。

             

            インカムをつけて、話すと同時にスマホから英語が流れ、イヤホンに届く英語を瞬時に日本語にするアプリだ。

             

            こうすれば、英語だけではなく、フランス語もイタリア語も中国語だってOKである。

             

             

            こっちの方向が日本人にはあっているような気がする。

             

            これもまた、個性を活かす勉強だと思うのだけど・・・賛同は得られないだろうな。

             

            残念(._.)

             

             

             


            結婚は神に誓うものではない

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               

              昭和後半から現在まで、結婚式は「教会とウェディングドレス」が主流である。

              その原因はかっこいいからというだけである。

               

              まあ、人の結婚式なので文句を言う筋合いもないが、キリスト教など信じていない人たちが、牧師の前で愛の誓いを立てるのは、ちゃんちゃらおかしいと思っている。

               

              本来、日本人の結婚式は祝言といい、関係者を招いて自宅で行うのが普通だった。

               

               


              結婚式の歴史
              1900年、嘉仁親王と九条節子公爵令嬢(後の大正天皇と貞明皇后)は皇族の慣例に従い、神の前で夫婦の誓いをたてる「結婚の儀」のもとで結ばれました。すると市民から神前挙式の要望が高まり、東京大神宮(当時は神宮奉賛会)が一般向けに結婚の儀式を新たにつくりました。この様式が一般に広まり、現在の神前式が定着しました。
              http://xn--eckwbwc7b0dza2e9c.com/history/

               

               

              教会での結婚式の始まりは1980年代(昭和50年代)にアイドルが都内の教会で挙式を行ったのが流行したものといわれている。

              以上のように、大正時代から神前結婚式が始まり、昭和50年代からは教会結婚式が流行ったという。

               

              つまり「教会とウェディングドレス」は30年も経っていない、「はやりの儀式」である。まあスタイルはどうでもいいのだが、どんな結婚式にもカネがかかりすぎるという悪い点がある。

               

              幸せというものを形にしたいという、若者の気持ちはわからないでもないが、もうそろそろ原点に帰ってもいいんじゃないのかなと思う。

               

              信じてもいない神様(キリスト様や天照大神)の前で、男女の契を誓うなど、そんなおこがましい事をしないほうが、日本人らしいような気がする。

               

               

              夫婦とはそんなものではなく、本来日本ではもっと流動的なものだった。

               

              女性蔑視のヨーロッパにおいて、女性を所有物するための儀式が結婚式である。

               

              日本人は、好きで連れ添い、気持ちが合ったら添い遂げ、だめだったら次の人を探す。そんな自由な世界のもとにあるのが男女の契だったはずである。だけど不倫は約束違反である事は今も昔も変わらない。


              釣り合わぬは不縁の基
              (何事もつり合いがとれないと破綻がくる)

              豪華なお花畑の結婚式を夢いている女性、男性はその後の現実との釣り合いが取れない場合が多く、結婚後その借金で苦しんだりするものである。


              合わぬ蓋あれば合う蓋あり
              (あわぬふたあればあうふたあり)

              結婚は神に誓うものではなく、人と人とのつながりである。人間は「合う蓋があったので祝言をあげてみた」くらいで、ちょうどいいのである。


               


              | 1/126PAGES | >>