calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

スポンサードリンク

categories

archives

キセルを吸う

0
    スポンサードリンク

    JUGEMテーマ:趣味

     

     

    家からキセルが出てきた。

     

    ご存知昔の喫煙具である。

    興味本位でキセル用の煙草の葉を買う。

     

     

    「小粋」が人気と言うことで買う。350円だ。

    小さい箱で葉は10グラム入っている。

    開けても見るとパイプ用とも紙巻き用とも違う細い葉っぱである。

     

     

    落語でキセルに葉を詰める仕草をよく見るのだが、実際にやってみるとあんな風にはならないよ。

     

     

    細すぎて少しいじりすぎると粉になってしまう細さである。細刻みというらしい。

    苦労して葉を詰め火をつけると、本当に2から3服くらいで葉は燃え尽きてしまう。

     

    パイプを吸う僕にとって、その喫煙時間の短さは驚異的である。

    「スパー、スパー」それで終わる。

     

    昔はこれで満足していたんだなと、新しい発見である。

     

    これなら、煙管で一服しても部屋が煙たくなる事はない。

     

    味はマイルドで悪くない。

     

    昔の人の一服は、本当の一服で体に害があるようには思えない。

    なるほど、これが江戸時代の喫煙のテンポだったんだろう。

    「タバコを一服する」と言う言葉のほんとうの意味がわかった。

     

    試しにパイプの葉を詰めて吸ってみる。

    これはこれで美味しいかも。

     

    Amazon スポンサードリンク

    コメント
    コメントする