calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

スポンサードリンク

categories

archives

ブラタモリを褒める 知的な旅のすすめ

0
    スポンサードリンク

    JUGEMテーマ:趣味

     

    定年前後になると、夫婦で旅行をする人たちが増える。

    お金に余裕がある人は、海外だったり豪勢なパック旅行だったりといろいろである。

    旅行をするというのはとてもいい事で、他人の私がとやかく言う事もない。


    友人たちの飲み会をした時、旅行の話がよく出てくる。

    世界遺産だったり有名な観光地だったりで、行った人間たちだけが盛り上がるパターンである。

    「いやーよかった」「すごかった」

    行っていない人間は置いてきぼりで、相づちをうつ側に回ってしまう。

     

    例えば京都の名所

    金閣、銀閣など行った人も多いので、ここまでポピュラーだとある程度盛り上がる。

    まあほとんど景観の話なので、そんなに話は続かない。

     

    そんな折り、歴史に詳しいやつがいて、藤原家の盛衰や銀閣の主、足利義政の文化人ぶりを披露すると、途端に座が白ける。

    そんな歴史には興味が無いらしい。

     

    もったいない話である。


    観光地の歴史を知るのも、より素晴らしい景観を鑑賞する素晴らしい調味料になる。

     

     

    そんな事をメインにして制作されているのがNHKの「ブラタモリ」である。「ブラタモリ」はタモリ氏の博識ぶりと地学の勉強にもなり、新しい旅行の楽しみを掘り起こしてくれる。

     

    NHKを褒めるのは嫌だが、金を持っていて広告主の顔色をうかがわなくていい贅沢な立場だからこそ作れたことを思えば、複雑な気持ちになるのだが、ここはタモリ氏を褒めたい。


    私はカメラマンなので、景観のいい場所と季節に、景勝地に出かける。なのでその場所の歴史などを味わう余地がないのだが、最近は深く反省している。

     

    還暦を過ぎた私達の旅は、景色以外に別の角度から攻めるのも楽しい。

     

    旅行好きの人たちの話に、景観と旅館と料理しか出てこなくて、歴史的内容やそれ以外の思い入れがないことに辟易した経験からの苦言である。

     

    おおきなお世話かな・・

     

    Amazon スポンサードリンク

    コメント
    コメントする